楽しい釣り体験と美味しいニジマスの唐揚げ!アクアマリンいなわしろカワセミ水族館「釣り体験コーナー」

釣り体験を楽しんだ後は、釣った魚をおいしい唐揚げに調理してもらって食べられる
「猪苗代 緑の森」内、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館の屋外施設「釣り体験コーナー」をご紹介します。

水族館から徒歩5分

釣り体験コーナーは水族館の外、緑の村内にあります。
水族館から駐車場を挟んだ向かい側、バーベキューハウスのすぐ横に「釣り体験コーナー」へと向かう道の入り口があります。

木立の道を進んでいくと

右手に池が現れます。

池には鯉

こちらは釣り体験用の池ではなく、鯉が飼育されています。

そして、こちらの自動販売機では「コイのおやつ」が販売されていて、エサをあげることができるようになっています。

モナカの皮の中にエサが入っています。美味しそうですが魚用です。

半分に割ると中にペレット状の餌が見えます。

早速エサをあげます。
エサをあげる前からどんどん集まってきます。

エサをあげはじめるとさらに沢山の鯉が寄ってきます!
すごい勢いでエサを吸い込みます!なかなかの迫力!

 

鯉にエサをあげるのって楽しいですよね。

目的の釣り体験コーナーへ

さらに進むと休憩所があります。
こちらで持参してきたお弁当などを食べる方もいるそう。

釣り体験コーナーへ到着しました。

アクアマリンいなわしろカワセミ水族館当日の入館券・パスポートの提示で、釣り体験はなんと無料!

それ以外は300円となります。

 

釣り体験をした後に水族館を利用の場合は、体験代として払った300円分が割引になりますので、釣り体験をしてから水族館に行っても大丈夫です。
レシートは無くさないように取っておきましょう。

 

釣り体験の料金とは別に、魚代は1尾につき500円です(唐揚げ調理料込み)
調理なしでのお持ち帰りもでき、保冷バック200円、保冷剤100円で販売もしています。

受付を済ませ、バケツとエサを受け取り、竿を手前に置いてあるスタンドから借ります。
カウンターには針外しも置いてあり、自由に使うことができます。

ちなみに、受付の横には飲み物の自動販売機が設置されています。

受付のすぐ横には可愛らしいイラストで注意書きがありますので、しっかり確認してから釣りに挑みましょう。

いざ、釣り体験

池の中にいる魚はニジマスです。
水が澄んでいるので、結構大きいサイズのニジマスたちが泳いでいるのが見えます。

練りエサは親指くらいの大きさなので、小豆大程度に小さくちぎって針先が隠れるように付けます。

利用客が多いと魚がエサをたくさん食べて満足してしまうこともあるため、午後より午前の方が、食いつきが良く釣りやすいそうです。

さっそく、エサを付け、糸を垂らしてみます。

すると、すぐに魚がかかります!

カエシのない針なので、魚が掛かったら竿は立ててテンションを掛けたまま抜き上げましょう。

なかなかの引きを楽しみながら、無事に釣り上げることが出来ました!

めちゃくちゃ元気です!

 

と、ここまで簡単にすぐ釣れたように書いてしまいましたが、釣り堀と侮るなかれ、実はこの写真を撮るのにテイク8までかかりました。

エサだけ上手に食べられてしまったり、針にカエシがついていないので抜きあげる途中でバラしたり、釣り体験を楽しめます。

とても元気なので、バケツに入れるまで油断は禁物です。
暴れますのでフタも忘れずに!ジャンプして飛び出します。

魚も大きく大満足で楽しめました!

※命をいただく体験なのでリリースは絶対にしないでください

命をいただく体験

釣ったニジマスを受付へ持っていき、唐揚げに調理してもらえます。

調理の様子は窓から見ることができ、自分が釣ったばかりの生きているニジマスが調理される過程を見ることができるようになっています。
※感染症対策のため、現在はミラーシートを貼ってあるため見ることができません。

 

調理の過程では、当然ながらニジマスを殺すことになりますし、切ったら血もでます。
釣ったばかりのニジマスはまだまだ元気で、まな板の上でも暴れます。

 

こういった部分は伏せられることが多く、子どもが見ることができるようにしていることにビックリしたのですが、これは、生き物の命をいただく大切さを学んでもらうための取り組みだそうです。
よく見ると水族館のパンフレットにも「釣り体験コーナー」は「命をいただく釣り体験コーナー」と掲載されています。

 

自分が釣った魚が自分のために調理される様子を見て、子どもたちはどんな反応をするのかを水族館職員の平澤さんに伺ったところ、

 

「魚嫌いの子供たちも食べれるようになったりするんです。自分は魚の命をいただいている、命を無駄にしてはいけないという気持ちになるみたいです。魚嫌いで食べれなかった子ども達も、みんな美味しい美味しいって食べるんですよ」

とのこと。

 

「生き物」が「食べ物」になる過程を知ることで、食べることは「命をいただく」ことなんだというはっきりとした認識を持ち、命に対しての責任感や使命感が生まれる貴重な体験をすることができるという、とても興味深い取り組みだと感じました。

美味しいニジマスの唐揚げ

調理されたニジマスはこちらから受け取れます。

味付けされていますが、お好みで使える塩コショウも用意してあります。

カラッと揚げたて、熱々です!
唐揚げの美味しそうな匂いがたまりません!

一口食べると、衣はカリカリ、身はフワフワでとても美味しくボリュームもあります!

ベンチに座り、綺麗な自然の景色を見ながら頂きました。

釣りを始めてから食べ終わるまで、約30分の体験でした。

水場もあるので手を洗えますが、別途ウェットティッシュやタオル等持参しておくと便利です。
小腹が空いていたら先に唐揚げでお腹を満たしてから水族館へ行くのも良さそうです。

インフォメーション

名称 釣り体験コーナー(アクアマリンいなわしろカワセミ水族館
住所 福島県耶麻郡猪苗代町大字長田字東中丸3447-4
営業時間 受付時間 9:30〜15:30(16:00終了)
定休日 冬期は雪のため休業
(営業期間はウェブサイト等でご確認ください)
駐車場 80台 無料
電話番号 0242-72-1135
HP www.aquamarine.or.jp/kawasemi/

 

※作成時点の情報です。営業時間や料金等変更の場合があります。
最新情報はウェブサイト等にてご確認ください。

 

 

※地図はアクアマリンいなわしろカワセミ水族館の場所です。